カテゴリ:卵除去食( 6 )

9/30(水) ツナサンド弁当

f0235947_08002688.jpg
ツナサンド、マカロニサラダ。


作り置きの冷凍ツナフレークにマヨネーズを和えたのと、キャベツの千切りでツナサンドにしました。

私も息子の卵アレルギーの為に卵抜きの食生活をしているのですが、鶏卵不使用のマヨネーズ、キューピーエッグケアというのをみつけました。
味は普通のマヨネーズのようで、違和感なく使えました。
今後の息子の食事にも使えて嬉しいなぁ。
マヨ和えとかマヨ炒めとか、幅が広がりそうです。
f0235947_08231442.jpg




ご訪問、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ



卵・乳不使用アレルギーっ子の強い味方!

[PR]
by numasyokudou | 2015-09-30 07:59 | 卵除去食 | Comments(5)

豆腐白玉だんご

f0235947_23255598.jpg

まっちんのおやつから「豆腐白玉だんご」を作りました。
白玉粉と豆腐を捏ねるだけ、10分ほどで出来るかんたんおやつ。
ふわふわむっちりでおいしかったです。


豆腐白玉が入っている、器は無印良品のものなのですが、
無印の食器のなにがすばらしいって、スタンダードなものは、いつでも追加購入可能なところですね。
一人暮らしをしたときに、お祝いでもらった、オーバルのカレー皿を、
10年後に結婚して、夫の分も買い足しました。
割っても買いなおせるしー。(  ̄3 ̄)~♪

今回の良品週間では、人間をだめにするソファーと、ジャムスプーンを買いました。
とくに、ジャムスプーンべんりー!






f0235947_23393116.jpg

写真を撮っていたら、忍び寄る8か月のむす子のむちむちの魔の手が!!
駄目ですとよけたら、ふてくされてました。
あー!何をしても、かわいいったらないね!



卵抜き生活になった経緯はこちら→



ご訪問、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ








どこにでも売っている材料と、かんたんな工程で出来る、素朴な和菓子の本。
鶏卵使用レシピは、どら焼きの皮のみでした。
[PR]
by numasyokudou | 2015-04-10 23:43 | 卵除去食 | Comments(6)

黒ごまスティック

f0235947_1732493.jpg

購入当時、ハマって作っていた、
まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本も、
卵や乳製品を使わないレシピだった!と思いだし、
本棚からひっぱり出し、藪からスティックに「黒ごまスティック」を作りました。
やはり、とても素朴でおいしいです。
ボウルひとつでぐるぐる混ぜて、成形して、焼くだけ。
まいにち食べてもからだの負担にならない、ごはんのようなおやつ。
日々のおやつに作りたいと思います。


なかしましほさん自らが、「黒ごまスティック」の作り方を詳しく説明してくれている、サイトを見つけました。
「黒ごまスティック」を、とてもくわしく。










卵抜き生活になった経緯はこちら→


ご訪問、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ




[PR]
by numasyokudou | 2015-04-08 18:11 | 卵除去食 | Comments(6)

半月もち

f0235947_14313620.jpg

粒あんからの半月もち。

まっちんのおやつのレシピでつくりました。
MUです。
まじ うまい です。

皮に、きび砂糖を使ったので、茶色っぽくなりました。
まるめずに作る大福風のおやつです。






卵抜き生活になった経緯はこちら→



ご訪問、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ








どこにでも売っている材料と、かんたんな工程で出来る、素朴な和菓子の本。
鶏卵使用レシピは、どら焼きの皮のみでした。




[PR]
by numasyokudou | 2015-03-28 14:33 | 卵除去食 | Comments(0)

粒あん

f0235947_21304214.jpg

卵抜きの生活2週間目。
今までアレルギーとは無縁の生活を送っていたのです。
成分表示を見てみると、お菓子はだいたい鶏卵が含まれてますね。びっくりしました。
どうせなら美味しいおやつが食べたいと、
まっちんのおやつのレシピで粒あんをつくりました。
材料はあずき 250g、さとう 130g。
とてもかんたんな工程で、ものすごくおいしい!
他のレシピも作ってみたいと思います。





卵抜き生活になった経緯はこちら→



ご訪問、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ








どこにでも売っている材料と、かんたんな工程で出来る、素朴な和菓子の本。
鶏卵使用レシピは、どら焼きの皮のみでした。
[PR]
by numasyokudou | 2015-03-26 21:49 | 卵除去食 | Comments(4)

卵アレルギー

f0235947_21514721.jpg


現在、8か月の息子。
小指の先ほど量の茹で卵の白身を食べて、酷いアレルギー症状が出て、小児科に駆け込むことになってしまいました。
アレルギー科で検査の結果、クラス6、さらに測定値が振りきれて測りきれないほどの、重度の卵アレルギーでした。

卵の白身でアレルギーが出たので、もしやと思い、
わたしが卵除去の食生活をしたところ、1週間で全身ガサガサで真っ赤だった肌が、つるつるになりました。
だだの乳児湿疹ではない感じだったので、母乳からアトピーを発症していた様です(完母です)。
もっと早くに気が付いて、卵抜きの食生活を送っていたら、あんなにかゆくてつらい思いをさせなかったのになぁ…。

離乳食前で酷い肌荒れで悩んでいるお母さんは、一週間だけ卵抜きの食生活を試してみるのもいいかもしれません。
そして、もっともアレルギーが多いと言われている、卵、牛乳を離乳食で試す時は、慎重に。
かかりつけの小児科の診察時間内に上げるといいです。

三歳前後で体が出来上がって、卵が食べられるようになる子が多いらしいので、
お医者さんと相談しながら治療して、小学校になったら、みんなと同じ給食を食べられるようになれたらいいなぁ。
今後の息子は完全卵除去の食生活になってしまうので、卵抜きのおやつや食事を工夫していこうと思います。


にほんブログ村 料理ブログへ






秋冬の時期の息子の乾燥がさがさ肌に、ありとあらゆる保湿剤を試してみたのですが、
アトピタローションをたっぷり塗って、さらにバーユをたっぷり重ねるのが、一番よかったです。




[PR]
by numasyokudou | 2015-03-20 21:54 | 卵除去食 | Comments(0)